利益を生むビジネスモデル

ビジネスを考える上で、最も重要なのは「お金をどう稼ぐか」です。「利益を上げていく仕組み」がなければ、どんなに優れたビジネスモデルでも継続できません。

利益モデル(7)マルチコンポーネント利益モデル

利益モデル(7)マルチコンポーネント利益モデル

利益モデル(7)マルチコンポーネント利益モデル

このエントリーをはてなブックマークに追加

収益のコンポーネント(収入源の構成要素)に焦点を当て、収益を拡大していくモデル。

生産方法や販売システムにおいて、利益特性の異なる複数のコンポーネントを持つビジネスに適しています。

消費者がタイミングや場所、用途に応じて異なる購買行動を取ることに着目。

利益増殖モデルに似ていますが、同じ製品で異なるビジネスを展開していく点が違います。

同じ商品のウーロン茶でも、スーパーでは1本95円、自動販売機では120円、船やホテルでは300円になるように、より高価格な販路を開拓していくモデルです。

書籍の場合は定価は同じですが、書店以外にもネットショップや法人研修向けなど販売チャンネルが変われば収益が拡大されていきます。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です