利益を生むビジネスモデル

ビジネスを考える上で、最も重要なのは「お金をどう稼ぐか」です。「利益を上げていく仕組み」がなければ、どんなに優れたビジネスモデルでも継続できません。

利益モデル(4)アドバンス利益モデル

利益モデル(4)アドバンス利益モデル

利益モデル(4)アドバンス利益モデル

このエントリーをはてなブックマークに追加

報酬や売上を前金制にして、先にお金を回収するモデルで、売れ行きが好調、権利を持っているなど、こちらに優位性がある場合に適しています。

商品やサービスそのものではなく、飲食店のバイキングやプロ野球の年間シートのように、「時間単位の課金」が一般的です。課金する側はまとまった金額を事前に確保できる利点があります。

〈例1〉レストランなどのバイキング

制限時間を設定して食べ放題にすることで、料金を事前に徴収します。

客側は単品メニューを頼むよりお得感があり、店側は客単価が高くなり、まとまった売上が期待できます。

〈例2〉プロ野球・Jリーグの年間シート

1年間観戦し放題にすることで、大きな金額を事前に確保。

売上の見通しがつきやすく、経営基盤の安定に繋がります。

ファンにとっては応援しているチームの試合が確実に観戦できる点が魅力です。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">