利益を生むビジネスモデル

ビジネスを考える上で、最も重要なのは「お金をどう稼ぐか」です。「利益を上げていく仕組み」がなければ、どんなに優れたビジネスモデルでも継続できません。

利益モデル(14)販売後利益モデル

利益モデル(14)販売後利益モデル

利益モデル(14)販売後利益モデル

このエントリーをはてなブックマークに追加

最初の商品を買った時点で誕生する『ミニマーケット』を取り込むモデル。

商品購入に伴うファイナンシング(リースや分割払いなど)、アフターサービス、アクセサリー販売などが該当します。

主流を制して傍流でも利益を上げる手法です。

利益率が高く、繰り返し売上が立つことが期待できるため、顧客との関係を築くチャンスが発生するビジネスに向いています。

PC販売後に発生するメンテナンス需要を見越して、専門のグループ会社を作ったり、サービス企業と連携することで収益アップを狙うPCメンテナンスサービス。

ヘッドホン、イヤホン、専用ケース、スタンドなどを販売し、パートナーとの連携でさらなる需要の掘り起こしを図り、売上増加に結びつけられるiPodアクセサリーなどが代表的です。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">