利益を生むビジネスモデル

ビジネスを考える上で、最も重要なのは「お金をどう稼ぐか」です。「利益を上げていく仕組み」がなければ、どんなに優れたビジネスモデルでも継続できません。

利益モデル(10)ローカルリーダーシップ利益モデル

利益モデル(10)ローカルリーダーシップ利益モデル

利益モデル(10)ローカルリーダーシップ利益モデル

このエントリーをはてなブックマークに追加

ローカルエリアでの優位性を確立し、収益性を高めます。

いわゆる「地域で1番」を目指す戦略で、比較的商圏が限定され、ローカル色の強い企業に適しています。

ターゲットエリアで1番の地位を確立すると、立地・仕入れ・コミュニケーション(宣伝・口コミ)・ロジスティクス・採用面での経済性も向上していきます。

一気に全国展開するのではなく、地域から地域へと陣取りしていくことがポイントです。

スターバックスはターゲットとする都市を特定し、隣接の都市を順に制覇することで経済性向上を図りました。

セブンイレブンは、特定の地域へ集中的に出店するという『ドミナント戦略』を基にした店舗展開をしています。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です