利益を生むビジネスモデル

ビジネスを考える上で、最も重要なのは「お金をどう稼ぐか」です。「利益を上げていく仕組み」がなければ、どんなに優れたビジネスモデルでも継続できません。

利益モデル(1)顧客ソリューション利益モデル

利益モデル(1)顧客ソリューション利益モデル

利益モデル(1)顧客ソリューション利益モデル

このエントリーをはてなブックマークに追加

顧客固有のソリューションを開発して、収益を最大化します。

顧客にとって費用がかかり、時間を浪費するような問題を解決するサービスを提供するため、顧客の業務内容とその実情に通じていることがポイントとなります。

一旦関係が構築されれば、維持コストは低く継続率が極めて高いため、短期的には利益がマイナスでも、中・長期的に展開していけばプラスに転じるメリットがあります。

例えば、IBMはコンサルティングからシステム設計・導入・運用・保守点検までを丸ごと請け負い、解決することで収益を獲得しています。

電通の場合は、広告・宣伝・広報業務全般を請け負い、各種メディアの特性を駆使して顧客の課題を解決することで収益を拡大させます。

»

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">